荒川区の不動産|株式会社ダイシンコーポレーション > 株式会社 ダイシンコーポレーションのセミナー情報一覧 > 定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介

定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介

≪ 前へ|住み替えを検討されている方に資金計画のポイントと注意点をご紹介   記事一覧   転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介|次へ ≫

定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介

定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介

定年後に住宅ローンが残っている、または残りそうだと感じている方はいませんか?
金銭的な問題が発生しているなら、平均収入と支出の目安、老後破産の原因や対策について学んでおくと良いでしょう。
退職後も再就職してパートで収入を得る方は多いですが、以前と比べると収入は減った方がとても多いため注意が必要です。

弊社へのお問い合わせはこちら

定年後に住宅ローンが残っているなら支出の目安を知ろう

実は、総務省の統計を見てみると、2019年のデータでは65歳以上における「2人以上の無職世帯が1か月に使う平均金額」は、241,672円です。
無職世帯のため、給与による収入がなくなっている状態です。
それに対して平均年金収入は202,746円となっているので赤字であることがわかるでしょう。
このデータを知ると、老後に住宅ローンが残っているとかなり厳しいことがわかります。
ですから、定年後にも働いて収入を得なければ住宅ローンは年金で賄えないでしょう。
住宅ローンは、定年後の年金をあてにしないようにする必要があります。

定年後に住宅ローンが残っている原因とは

定年した後に住宅ローンがまだある原因のひとつは、支出が多すぎたことです。
老後破産の原因には、ずいぶん前に建てたマイホームが劣化して高い修繕費がかかってしまうことや、医療費の増加などが挙げられます。
定年間際は体の調子が悪くても薬に頼って生活ができるかもしれませんが、そのうち自身の介護に使う費用も増えていくでしょう。
ある程度若いうちに資金計画を立て、しっかりと将来に向けて貯金をしたり、収入を得たりすることは大事なことです。
そうでないと、定年後の生活は楽になるとは言えません。

定年後に住宅ローンが残っているときの対策

老後破産の対策をするのであれば、仕事を得て、以前より低くても収入を安定的に得ることが有効な対策となります。
再就職は難しくても、パートであればまだまだ雇ってくれるところはあるでしょう。
住宅ローンが厳しいならば借り換えやリースバックを考えることも大切です。
今の自分たちにできることはなにか考え、ときには金融機関のプロに話を聞きながら行動に移すことがポイントです。
優雅な老後を送りたいなら、若い方は今のうちが勝負ということになります。

定年後に住宅ローンが残っているときの対策

まとめ

定年後にも住宅ローンが残っている場合は、仕事を辞めても優雅な生活を送ることができません。
それどころか、年金で生きていくことができず、ずっとお金の心配をする羽目になることもあります。
老後破産にならないよう、若いなら稼ぎ口を2つ以上に増やすなど、今から手段を考えることも大切になってきます。
荒川区周辺の不動産探しの事なら、私たち株式会社ダイシンコーポレーションお任せください。
不動産の賃貸・査定・売却・購入・資産活用など、幅広くお客様の質問内容に合わせて最善をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|住み替えを検討されている方に資金計画のポイントと注意点をご紹介   記事一覧   転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • QRコード
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ダイシンコーポレーション
    • 〒116-0002
    • 東京都荒川区荒川1丁目35-4
      三河屋BLD 5階
    • TEL/03-5604-5107
    • FAX/03-5604-5106
    • 東京都知事 (1) 第107786号
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • 更新物件情報

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る