荒川区の不動産|株式会社ダイシンコーポレーション > 株式会社 ダイシンコーポレーションのセミナー情報一覧 > 転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介

転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介

≪ 前へ|定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介   記事一覧   二人暮らしをするための間取りとは?3パターンの間取りのメリットデメリット|次へ ≫

転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介

転職をしたら住宅ローンに悪影響?返済中に転職した場合の対処法もご紹介

住宅ローンを組みたいと思っているけれど、そんなときに転職が決まったらどうしようと不安を感じている方はいませんか?
また、返済中に転職することになった場合には、不都合なことが起きないか不安になっている方がいるかもしれません。
この記事では、仕事上の都合で転職する場合、住宅ローンに悪影響が出ないかどうかを解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

転職が住宅ローンの利用に与える影響について

転職しても安定した収入が得られるなら問題ないと思う方もいるかもしれませんが、実は住宅ローンの申し込みには勤続年数も審査されます。
そのため、転職をすることによって勤続年数が短くなってしまうなら、不利に働くこともあります。
しかし、住宅ローンの審査基準はそれぞれの金融機関によって異なり、その詳細は明らかにされていません。
勤続年数を審査対象としている金融機関がほとんどですが、転職したからといってローンが利用できなくなるというわけではないのです。

住宅ローンの申し込みは転職の前と後のどちらにすべきか

住宅ローンの申し込みを転職前にするか後にするか悩んでいる場合は、転職後にしましょう。
転職後にの仕事が安定していることを金融機関にアピールできるからです。
仕事が変わった直後の勤続年数は短いですが、ローン申し込み前に仕事が変わって不安定な時期に入ることは回避できます。
審査への影響は少なからずあるかもしれませんが、それでも転職後のほうが気持ちも整理されて落ち着いてローンと向き合えるのではないでしょうか。
どんなローンにするか、転職後に考えたほうが今後の返済が安定するメリットがあります。

住宅ローンの返済中に転職をした場合に注意すべきこと

住宅ローンを返済しているときに転職をした場合は、すぐに金融機関に届け出しましょう。
同一年内の転職になるのかどうかで住宅ローン控除の手続きも変わります。
もし転職によって年収が大きく変化するようなら、返済計画は今のままで良いのか再確認し、ローンも新しいものにしたほうが良い場合があります。
転職をしたら住宅ローンを返すことにも気を配らなければならないので、届け出を出し忘れないようにしましょう。

住宅ローンの返済中に転職をした場合に注意すべきこと

まとめ

住宅ローンに申し込みをするタイミングでの転職、あるいは返済中での転職はローンに影響をもたらします。
もし家の購入と転職とを一度に考えているなら、転職してからマイホーム購入の検討をすることをおすすめします。
審査に悪い影響が出ないようにすることや、届け出を出す必要がないことがメリットとなるからです。
荒川区周辺の不動産探しの事なら、私たち株式会社ダイシンコーポレーションお任せください。
不動産の賃貸・査定・売却・購入・資産活用など、幅広くお客様の質問内容に合わせて最善をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|定年後に住宅ローンが残っている場合の対処法をご紹介   記事一覧   二人暮らしをするための間取りとは?3パターンの間取りのメリットデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • QRコード
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ダイシンコーポレーション
    • 〒116-0002
    • 東京都荒川区荒川1丁目35-4
      三河屋BLD 5階
    • TEL/03-5604-5107
    • FAX/03-5604-5106
    • 東京都知事 (1) 第107786号
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • 更新物件情報

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る