荒川区の不動産|株式会社ダイシンコーポレーション > 株式会社 ダイシンコーポレーションのセミナー情報一覧 > 親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介

親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介

≪ 前へ|一戸建てにプールを設置するメリットや工事費用および維持管理費の目安は?   記事一覧   不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介|次へ ≫

親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介

親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介

家を購入する際、親子リレーローンの利用を検討したことがある方も多いのではないでしょうか。
親子でリレーをする住宅ローンと聞けば、イメージは湧きやすいですが、詳しい仕組みや注意点なども知りたいものです。
この記事では、親子リレー住宅ローンの仕組みや注意点についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

親子リレー住宅ローンとは?仕組みや条件について

親子リレー住宅ローンとは、その名の通り、親と子で一つの家の住宅ローンを契約し、親から子へとリレー形式で返済する住宅ローンです。
親が先にローンを支払い、親の返済期間が過ぎたら、子がローン残積の支払いを引き継ぐ仕組みです。
利用する条件としては借り入れ時の親の年齢が70歳未満である点や子どもに安定した収入がある点などが挙げられます。
利用を検討している方はしっかりと条件を調べてみましょう。

親子リレー住宅ローンのメリット

親子リレーローンを利用するメリットは、返済期間に余裕が持てるという点でしょう。
一般的な住宅ローンでは、80歳までに返済を終えるという条件が一般的ですが、親が80歳で返済が困難でも子に引き継ぐことができます。
そのため、親が定年間近で借りた場合でも、子が引き継ぐことで返済期間に比較的余裕が持てるでしょう。
さらに、借入可能額を増額できるメリットもあります。
仮に、子どもの年収が低くても、親子での収入で借り入れの際の計算をおこなうため、本来の借り入れ可能額よりも増額できます。
そのため、親子リレーローンを活用することで、ローンを借りるリスクは低くなると言えるでしょう。

親子リレー住宅ローンのデメリット・注意点をご紹介

利用する際の注意点は、新たに住宅ローンを組むことが困難になる点です。
親の返済期間であっても、子も同時にローンを背負っていることは変わらないため、審査の通過が難しい場合が多いでしょう。
そのため、子にとっては急なライフスタイルの変化で別の場所に家を購入したいという場合にはデメリットになり得るでしょう。
仕事の転勤など、ライフスタイルの変化があまりないようであれば、大きなデメリットには感じないかもしれません。

親子リレー住宅ローンのデメリット・注意点をご紹介

まとめ

親子リレー住宅ローンの仕組みや注意点についてご紹介しました。
親子リレーの住宅ローンとは、親から子へと住宅ローン残債を引き継ぐ形式のローンです。
二世代に渡ってローンを返済するため、ローン返済期間などに余裕はありますが、新たな住宅ローンを組む際は注意が必要です。
荒川区周辺の不動産探しの事なら、私たち株式会社ダイシンコーポレーションお任せください。
不動産の賃貸・査定・売却・購入・資産活用など、幅広くお客様の質問内容に合わせて最善をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|一戸建てにプールを設置するメリットや工事費用および維持管理費の目安は?   記事一覧   不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • QRコード
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ダイシンコーポレーション
    • 〒116-0002
    • 東京都荒川区荒川1丁目35-4
      三河屋BLD 5階
    • TEL/03-5604-5107
    • FAX/03-5604-5106
    • 東京都知事 (1) 第107786号
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • 更新物件情報

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る