荒川区の不動産|株式会社ダイシンコーポレーション > 株式会社 ダイシンコーポレーションのセミナー情報一覧 > 不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介

不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介

≪ 前へ|親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介   記事一覧   賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介|次へ ≫

不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介

不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介

不動産投資では、まとまった金額の用意が必要となるため、融資を受けようと考える方が多くいます。
これから不動産投資をするなら、融資について知っておくことは重要です。
今回は、不動産投資を検討している方に向けて、不動産投資での融資の流れや条件、金利についてご紹介するのでぜひご覧ください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資での融資の流れをご紹介

融資をうけるためには、まず借り入れをおこなう金融機関を決める必要があります。
このとき複数の金融機関に事前打診をおこない、どのくらいの金額の融資が可能か見通しをたてておきましょう。
金融機関が決まったら続いて、ローンの申請申し込みをします。
ここでは申込書の他にさまざまな書類が必要になるので、しっかりと準備しておきましょう。
審査結果が通知され、審査合格となれば融資が実行できます。
すべて希望の条件で融資が実行されるかどうかは、審査通知書をよく見て確認しておくと良いです。
融資の審査に合格すれば融資の手続きをします。
ここで、抵当権設定契約や団体信用生命保険の契約もおこないます。
手続きが完了したら融資を受けられるので、物件の購入をしましょう。
ここまでが融資の主な流れになります。

不動産投資ローンで融資を受けるための条件

不動産投資ローンは住宅ローンよりも審査が厳しくなります。
不動産投資で得た収入を返済にあてるケースも多く、空室などのリスクがある分、厳しくなってしまいます。
また不動産投資のほうが住宅ローンよりより大きな金額になるので、金融機関も審査が慎重になるでしょう。
返済能力があるかどうか、信用度がどうかなど慎重に検討して融資可能か検討されます。

不動産投資ローンの金利はどうなっている?

不動産投資ローンの金利は、住宅ローンに比べて高くなります。
不動産投資ローンのリスクの考え方は、金融機関によって異なるので金利にも幅ができているのです。
住宅ローンと同じように固定金利か変動金利も選べます。
固定金利だと返済計画は立てやすいですが、金利が高くなってしまいます。
変動金利だと、金利が低い時が多いので金利が安くすみますが、いつ変動するかわからないので注意が必要です。

不動産投資ローンの金利はどうなっている?

まとめ

今回は、不動産投資を検討されている方に向けて、不動産投資の融資の流れ、条件、金利をご紹介しました。
不動産投資ローンは、住宅ローンに比べて金利も高くなる傾向です。
高額な資金が必要になるので、融資をお願いする金融機関は複数検討してから決めましょう。
荒川区周辺の不動産探しの事なら、私たち株式会社ダイシンコーポレーションお任せください。
不動産の賃貸・査定・売却・購入・資産活用など、幅広くお客様の質問内容に合わせて最善をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|親子リレー住宅ローンの仕組みとは?メリットや注意点についてもご紹介   記事一覧   賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • QRコード
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ダイシンコーポレーション
    • 〒116-0002
    • 東京都荒川区荒川1丁目35-4
      三河屋BLD 5階
    • TEL/03-5604-5107
    • FAX/03-5604-5106
    • 東京都知事 (1) 第107786号
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • 更新物件情報

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る