荒川区の不動産|株式会社ダイシンコーポレーション > 株式会社 ダイシンコーポレーションのセミナー情報一覧 > 賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介

賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介

≪ 前へ|不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介   記事一覧   住宅ローンの審査の流れとは?審査基準や通過するための対策をご紹介!|次へ ≫

賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介

賃貸借契約を結ぶときの保証人の選び方をご紹介

賃貸物件を借りるときには必ず保証人を選定する必要があります。
保証人は契約者が家賃を支払えなくなった場合などに保証をする人のことです。
そのため、誰でもなれるわけではありません。
この記事では賃貸借契約時の保証人についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸借契約において保証人になれる方の条件

賃貸借契約において保証人になると、未払いの家賃の請求をされる可能性があります。
そのため、支払い能力という点が条件にあるのです。
収入があれば誰でも良いわけではなく、収入があってもなれない人もいます。
年齢や勤務先、年収などを総合して審査したうえで支払い能力があると判断されると保証人になれます。
ただし、保証人となるうえで親族である必要はありません。
血縁関係がなくても、保証人になることができます。

賃貸借契約において保証人の代わりとなる保証会社とは

保証人の代わりとなる保証会社というものもあります。
保証会社とは保証人の代わりのような存在で、毎月保証会社にお金を支払うことで借り手の保証をしてくれる会社です。
以前は、保証人を選定できない人のために保証会社という存在がありました。
しかし、いまでは保証人にプラスで保証会社も必須とされることもあるようです。
保証料金の相場は賃料の30〜100%とその会社によって大きな差があります。
物件を借りる側としては大きな出費に感じますが、保証会社をたてることで物件を借りやすくなるというメリットもあります。
保証人の選定だけで良いのか、保証会社だけで良いのか、もしくはその両方が必要なのかは不動産会社に聞いてみましょう。

賃貸借契約時に設定した保証人を変更することはできるのか

結論から述べると一度設定した保証人を変更することはできます。
しかし、勝手に変更することはできず、新しく選定した保証人についても再度支払い能力などの審査がおこなわれます。
また、準備しなければならない書類もいくつかありますので確認しましょう。
変更の手続きの流れとしては、不動産会社と大家さんに連絡し、必要書類の準備をします。
そして、審査がとおれば、再度賃貸借契約を結ぶという形になります。
変更の手続きには手数料を3〜5万円支払わなければならないこともありますので、注意しましょう。

賃貸借契約時に設定した保証人を変更することはできるのか

まとめ

賃貸借契約を結ぶためには保証人の選定が必須となります。
なかには、保証会社もプラスで選定する必要があったりするので注意しましょう。
一度選定した保証人を後から変更することもできます。
しかし、手続きが必要だったり費用がかかったりする点を覚えておきましょう。
荒川区周辺の不動産探しの事なら、私たち株式会社ダイシンコーポレーションお任せください。
不動産の賃貸・査定・売却・購入・資産活用など、幅広くお客様の質問内容に合わせて最善をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産投資をおこなううえでの融資の流れや条件をご紹介   記事一覧   住宅ローンの審査の流れとは?審査基準や通過するための対策をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • QRコード
  • 売却査定
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 ダイシンコーポレーション
    • 〒116-0002
    • 東京都荒川区荒川1丁目35-4
      三河屋BLD 5階
    • TEL/03-5604-5107
    • FAX/03-5604-5106
    • 東京都知事 (1) 第107786号
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフブログ
  • スタッフ紹介
  • アクセスマップ
  • Instagram
  • LINE
  • Twitter
  • 更新物件情報

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る